病院だけじゃない、広がる看護師さんの活躍の場

こんにちは、営業の藤田です。

看護師さんの働く場所は病院だけだと思っていませんか?実はそんな事はないのです。

ご存じの方も多いかもしれませんが、 今回は病院以外の看護師さんの働く場所のご紹介とそれぞれの特徴を簡単にご説明できればと思います。

 


目次

  1. 診療所、クリニック
  2. 老人保健施設、特別養護老人ホーム
  3. デイサービス
  4. 保育園
  5. 看護学校
  6. 医務室
  7. フリーランス

 


 

1.診療所、クリニック

診療所、クリニックとは、外来を中心とした診察をメインとした小規模な病院のことです。

総合病院等の病棟勤務と比較して、採血、点滴や検査補助などを行うケースが多くなり、外来患者数や来院時間などで残業が多くなるケースもあるようです。

少人数で働きたい方にはおすすめで、人間関係がしっかり構築できる所が多いです。

 

2.老人保健施設、特別養護老人ホーム

高齢者向けの介護施設で、看護業務を担当する仕事です。

施設での看護業務は、バイタルなどの健康管理、薬の服薬管理を中心とした、病院やクリニックとは少し異なった業務が中心となります。日勤のみで可能な場合も多く、人気が出てきています。

 

3.デイサービス

施設などの入居型とは違い、通所型で行われる介護サービスの事業所でのお仕事です。

入所型施設と業務内容は似ている部分もありバイタルなどの健康管理が中心ですが、業務には入浴介助やレクリエーションなどが含まれる場合もあります。

通所型となると施設によっては利用者の送迎業務が発生する可能性もあり、不安な方は入職前面接段階で確認しておく必要があります。 また、1人当たりの担当人数は多くなる傾向にあります。

 

4.保育園

あまり知られていませんが、厚生労働省は保育園でもなるべく看護師を配置することを求めています。その為、年々保育園での看護師ニーズも非常に高まってきています。

業務内容としては乳幼児の健康管理となりますので成人看護とは若干領域が異なってきます。また小さい子供の健康管理は非常にシビアな部分もありますので想定外の病気の発症などに対応する必要も出てきます。 主に、園児の健康管理やケガや病気への対応、職員・保護者に対しての健康指導を行うことが中心です。

 

5.看護学校

看護学校での勤務の多くは実習指導の役割となります。

看護学生が実習を行う際の引率としてあらゆる指導を行います。稀に講師や教師などの求人もありますが、求められる採用基準は実習指導者よりも高くなり採用になる確率も低くなりますので注意が必要です。 つまり医療を中心とした看護ではなく、教育を中心とした看護です。

 

6.医務室

今看護師さんの中で最も人気が高まっているのが、企業医務室での勤務です。

従業員数が多い企業では、福利厚生の一環として企業内医務室を設置しています。
また大規模な工場ではケガ等の危険性もあるため、24時間稼働の医務室などを設置する企業も増えてきました。

業務内容は健康管理からケガの処置など様々ですが、配置人数も少なくなかなか募集が出ない事から、人気の職場となっています。 コミュニケーションを取ることが好きな方、PCスキルが高い方にはおススメですね。

 

7.フリーランス

これは職場のではありませんが、フリーランスになると活躍の場は更に広がります。
フリーランスとは、一般的に、会社や団体などに所属せず、仕事に応じて自由に契約する人のことを指しています。

固定の勤務地にとどまる形ではないのでスケジュールをしっかり自己管理ができる方にはいいですね。 また、ご自身でお仕事を探すことが必要となったり、お伺い先によってコミュニケーションの取り方を変える力も必要となります。

 

いかがでしたか?看護師さん=病院勤務というわけではなく、今はこのように看護師さんの活躍できる環境が広がっています。

病院以外でも自分の看護観、生活スタイルにあった働き方を探してみるのもいいかもしれませんね!YOUR NURSE運営会社であるSuper4では、看護師さんの一般求人も実は取り扱っています。もし転職を検討される際は、お話だけでもお気軽に聞きに来てくださいね。

 


関連ブログ記事:「看護師さんのレアな職場◇スポーツチーム看護師について」
関連ブログ記事:「フリーランスナースが現場へ持って行きたい必需品6点セットとは」